逆流性食道炎改善プログラムの詳細をレビュー

つらい胸やけや胃酸の逆流は治るの?

1日10分のストレッチとツボ押しをしただけなのに
長年つらかった、イヤな胸焼けが無くなりました!

 

(笑顔
福辻鋭記さん監修「逆流性食道炎改善プログラム」は、慢性化している逆食の症状を本気で治したいあなたにとって重要な内容です。

 

福辻鋭気さんからあなたへ質問です。
・ 酸っぱくて苦いものが急にこみ上げる呑酸感はありませんか?
・ 空咳がひどくて「ゼイゼイ」と息苦しい感覚はありませんか?
・ 常にムカムカしてゲップしたい感覚はありませんか?
・ みぞおちあたりがチクチクして内臓が締め付けられている感覚はありませんか?
・ 空腹時の痛みや食後に吐き気をもよおすことはありませんか?

 

一般的に逆流性食道炎の治療というと薬物治療が中心です。ただ、福辻氏によると薬によって一時的に症状は和らいでいるかもしれないけれど、薬を飲み続けることで慢性化しやすい疾患だといいます。

 

だから、あなたを苦しめている胃酸の逆流を止めるためには、根本的な原因を取り除く必要があるのです。

 

福辻式では逆流性食道炎の原因は、「猫背」だという考えです。

 

「私、猫背じゃないけど?」と思われるかもしれませんが、福辻先生の経験ではこの疾患で悩まれる方のほとんどが「猫背」だといいます。

 

猫背になっていると、いつも体前面が曲がり、胃が圧迫されているため、胃の中の圧力が高くなり、食道に逆流しやすくなります。また、胃酸の逆流を防ぐ弁が正常に機能していないのも原因の一つです。

 

そこで、福辻式「逆流性食道炎プログラム」では、東洋医学の手法を取り入れて胃液が逆流しない体づくりを目指していきます。

 

必要なのは、1日10分のストレッチとツボ押しだけ!

 

当サイトでは、「逆流性食道炎プログラム」を実際に購入して、そのやり方や効果を詳細にレビューしていきます。
目次をクリックしていただければ、気になる場所にスクロールすることもできます。
よろしければ、参考になさってみてくださいね。

商品の開発者

福辻鋭記 プロフィール

 

アスカ鍼灸治療院 院長 
日中治療医学研究会会員・日本東方医学会会員。

 

TBSテレビ企画の「日本の名医50人」に選ばれた有名東洋治療家。
1944年生まれ、福井県出身。日本大学芸術学部、東洋鍼灸専門学校卒業。1985年「アスカ鍼灸治療院」を開設。鍼灸やカイロプラクティックに整体を取り入れた独自の治療法が評判となり、5万人以上の治療実績を誇ります。

 

「福辻式」DVDシリーズや体の悩みを解決するプログラムが数多く販売され、インターネット中心の販売のみながら、どの商品もロングセールスを記録しています。

 

主な著書・監修書に『寝るだけで下半身からやせる! 骨盤に効く枕でダイエット』『たった一週間で身長を3センチ伸ばしウエストを5センチ減らす骨盤・背骨ストレッチ』『脱力するだけで脊柱管狭窄症は治せる』『まず、脚からやせる技術』などがあり、最近では『天使の深睡眠マクラBOOK』が大ヒットしました。

「逆流性食道炎プログラム」の特徴とセット内容

■ 特徴
・ 東洋医学に基づいてツボ押しとマッサージで逆食を改善する
・ 実践にかかる時間は、1日わずか10分
・ 薬や通院は必要ない
・ 数多くの実績を残してきた福辻鋭気監修で信頼性がある
・ 万が一、効果を感じない場合は全額返金してもらえる 

 

■ 本編
・ PDFテキスト 95ページ
■ 特典
・ PDFテキスト 25ページ

 

福辻式 逆流性食道炎プログラム」はツボ指圧、ストレッチ、呼吸法などの療法で、あなたの身体の自己治癒力を高め、逆食の改善を目標としています。
そのため、プロトンポンプ阻害薬(PPI)やH2ブロッカーなどの薬に頼ることも必要なくなります。

教材のポイント

・ 逆流性食道炎の原因と対処法を知ることができる
・ セルフケア(ツボ指圧とマッサージ)にかかる時間は、1日10分程度
・ 食事療法、ハーブティ療法、体質改善法と多岐にわたって解説されている
・ 自分にとって取り組みやすいものから実践すればよい

 

福辻鋭気さんのプロフィールでもおわかりのとおり、このプログラムは東洋医学を利用して自己治癒力を高めることで、逆食を治していくこと目標としています。
なぜ、逆流性食道炎を改善していくのに、ツボ押しやマッサージなのでしょうか?
まず、胃液の逆流は、食道を胃の境目にある「噴門」と呼ばれる弁が、うまく締まっていないために起きています。福辻さんは「噴門」がなぜうまく閉じないかというと、「猫背」が原因であるといいます。
実は、身体の前面の肋骨の間には筋肉があります。正常な人の場合は、この筋肉が柔らかいのですが、猫背の人はカチカチに固まっています。というか、固まってしまっているためにどんどん前かがみになって猫背になっているわけです。すると横隔膜の働きが低下して、「噴門」の閉じる力を弱くなってしまうわけです。
そこで、この肋骨の間の筋肉を正常に戻すために、ツボ指圧やマッサージを行うわけです。
特に、ツボ療法は福辻さんの最も得意といしている分野なので、20ページ余りも割いて解説されています。
ツボ押しと聞くと「自分にできるのか?」と不安に思うかもしれませんが、普段のちょっとした時間や仕事の合間でもできるように、わかりやすく説明してくれます。

 

また、ツボ押しやマッサージにくわえ、食事療法や自己治癒力を高める方法が紹介されていて、長期的に見ると体全体の健康を目指せると思います。ただし、短期的な視点では逆流性食道炎の改善に特化した内容です。十二指腸潰瘍や急性・慢性胃炎についても触れられてはいますが、そちらの症状でお悩みの場合は購入前に考慮する必要があると思いますので、公式サイトを詳しくチェックしてみてください。